→パラパラとめくり読みした後高森農園に行きます。

高森農園は、農園と言うと聞こえはいいが単なる庭です、それも左右に大股で6・7歩も歩けばそれぞれ隣の垣根と前の道に突き当たる小さな狭い庭です。そこに畝を三つ作り農園と称してます。

毎年この畑に胡瓜と茄子とトマトなどを植えます、今年はヤマセにやられ宮沢賢治の世界のとおり、不作の年はオロオロする、でした。

その農園で発見したのはトカゲです、季節は変わってもまだまだ高森農園は遊ぶ仲間がいるのです。トカゲが自由自在に動き回ってます。

早速猫が、ここでまた猫のことを話します。
今年の7月15日あたりで二歳になる、動くものなら何でも追いかける遊び盛りの白色のオスです、右目がブルー左目が琥珀色の綺麗なオッドアイです、この猫がトカゲを見つけ追いかけっこをしますそのうちトカゲは捕まり尻尾だけを置き去りにして更にクローバーの根元を突き進みます、猫はピクピク動く尻尾と遊んでいます、トカゲのしっぽ切りは成功したようです。


-クローバーの森-

トカゲはすばしこくてとても追いかけっこにはなりませんが身をかがめてトカゲになった気持ちで通った跡を地面に這うように進んでみるとクローバーの森を抜けラベンダーの林を過ぎローズマリーの根元道を動き回ってます。小さな石ころでさえトカゲには大きな岩に見えているのかもしれません、岩を回り長靴の痕のくぼ地を上り下りし雑草の茂みに逃げ込んで行きます。

なんて農園は面白いのだろう、まるで起伏にとんだ大きな原っぱ遊園地です。目の前に原っぱが広がっていきます、想像力はこんなところにありました。発想や発見はパソコンの前でなく農園の地面にあったのです。





-マリーゴールドの根っこ道-
2018年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
2018年5月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
■自社カレンダーによります。
■土日祝日は休業日です。
■休業日にご注文の際は翌営業日の発送となります、標準在庫のない商品はこの限りではございません。
Top Copyright(c) ”HQMEのていねいな生活。”All Right Reserved Powered カラーミーショップ